« Treo650でコピペ | Main | Treo 650 Voicemail Updater »

March 16, 2005

PsMemoでコピペ

HRCapt20050315144706

PsMemoは「せんべ」さん謹製のメモ帳置き換えソフトである。標準のMemo帳に様々な機能が付加してあり(注)、打合せ時の議事メモ作成やパソコンから送り込んだメモの閲覧などで重宝している。先日、FieldPlusとの相性が悪いと書いたが、それでも便利に使わせてもらっている。

  (注)オンラインマニュアルも分かりやすくまとめられている。

PsMemoはTreoやTungsten Tなどの5wayキー搭載機での操作性を向上させるために細かく対応してくれている。基本動作はオンラインマニュアルを読めば分かるが、Treo650での操作感や設定などをまとめる。

HRCapt200503151417485Wayキーを搭載している機種ではPsMemoの設定画面でNavi Actionを選択できる。

メモ編集画面の設定で「PsMemo」を選択すると、

  左右キー:前後のメモに移動
  上下キー:1ページずつ上下に移動
  セレクト:ポップアップメニュー(メニューをOffにしているとメモを閉じる)

こんな動作である。メモを閲覧している分には素早く移動できるので便利。しかし、カーソル移動や文字選択をするには画面のタップが必要になる。TG50には(1)Jogダイヤル、(2)上下ボタン、(3)カーソルキー(上下左右)があるので、閲覧時のページ移動には(1)を、編集時のページ移動には(2)を、編集時のカーソル移動には(3)をそれぞれ使っていた(注)。

  (注)「赤+上下カーソル」で1ページずつ上下移動することも出来る(標準機能)。更に、isPalmNaviで「青+カーソル」で5Wayキーを模擬したりもできる。

メモ編集画面の設定で「標準(Standard)」を選択すると、

  左右上下キー:カーソル移動
  セレクト    :ポップアップメニュー(メニューをOffにしているとメモを閉じる)
  Option+上下キー:1ページスクロール(注)

となる。Optionキーによるページ移動ができるものの両手操作を必要とするのが残念。

  (注)PsMemoにこんな機能が搭載されているとは気がつきませんでした。TreoNaviTextの機能だとばっかり思っていました。こういった細かい操作性を改善される作者さんには頭が下がります。

私はメモを編集することが多いので、タイトルのようにコピペをするためにStandardモードで使用している。編集時は両手操作なのでOption+上下キーでのページ移動もさほど苦になっていない(まだTreoに慣れていないので近くにあるShiftキーと間違って文字選択してしまうことが多いが、、、)。

|

« Treo650でコピペ | Main | Treo 650 Voicemail Updater »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89863/3317771

Listed below are links to weblogs that reference PsMemoでコピペ:

« Treo650でコピペ | Main | Treo 650 Voicemail Updater »