« PsMemo 20050429-nightlyビルド | Main | そこにキーがあるから(その2) »

May 03, 2005

Treo650 GSM ファームウェア アップデート(しました)

先日、GSM版Treo650ファームウェアの非公式アップデータ(Ver.1.21)が出回っているとの書き込みをした。書き込んだ段階では噂レベルだったVer.1.23も出回ってCingularにロックされたTreo650でも成功したという情報が大勢を占めている。ということで、私もアップデートしてみた。pocketgamesの平野(兄)氏に遅れを取ったのがちょっと悔しいが、アップデートの結果には満足している。以下に手順などをまとめる。

  • 手順
    1. ダウンロードしてきたzipファイルを解凍してSDメモリーカードにコピーする。注意すべき点は、(a)解凍してできたPALMフォルダをSDカードのルートに置く (b)PALMフォルダ以下にあるzipファイルは解凍しない
    2. Treo650をハードリセットする(必要なデータは適宜バックアップしておく)
    3. Treo650に電源ケーブルを接続し、SDカードを挿入
    4. 自動的にアップデート開始する(所要時間4~5分、アップデート中に自動リセット3回)
    5. 画面の指示に従いzキーを押すと、もう一度自動リセット
    6. アップデート終了(スタイラス調整画面が出る)

バックアップしたデータのリストア(私はBackupBuddyVFS Professionalを使用)も含めて10分程度であっけなく作業は完了した。そして、
HRCapt20050501135148
むふふふ。5MBを切っていた空きメモリが11MBに増えました。あっ、丁寧語になってしまった。文体の乱れをお許し頂きたい。私が気にしていたPOBox辞書(本体:3MB超、学習辞書:1.5MB)がそれぞれ、1.8MB、147kBに減少している。また、Ver.1.3.36a2でインデックスファイルのサイズを大幅に削減をしてくれているWDICでも下表のようにファイルサイズが減少していた。

Treo650(アップデート前) Treo650(アップデート後)
広辞苑 776kB 390kB
LDOCE4 174kB 98kB
英辞郎 110kB 87kB
和英辞郎 146kB 123kB
略語郎 42kB 15kB

これらの減少分(略計4MB)以外のファイルでもメモリ消費量が2MB程度減ったことになる。 実に爽快であると同時に、「今までは何だったのか?」という気がしないでもない。TreoCentral での「Finally Treo650 has released」という発言に同意する。しかし、こういった不具合を他のユーザと一緒に愚痴ったり、問題が改善される過程を共有できるのは楽しいものだ。もちろん、基本部分がとても良くできたじゃじゃ馬Treo650だからつきあってこれた訳だが。

アップデートのその他の効用として、

  1. 動作が安定する(ソフトリセットが減る)
  2. 通話音量(主にハンズフリー)が改善する
  3. ネットワークサーチ時間(注)が短くなる(数十秒→数秒)
    (注)リセット後に携帯電話網に接続するために必要。一度つながってしまえば電源を切っても接続は切れない。

などがあげられている。

最初の安定性についてはDBCacheの残量も増えることを期待していたが変化は内容である。残量を増やすのではなくDBCache使用時の安定性を向上させたのだろう。私のTreo650はかなり安定していた(DA TrainTimeを除く)ので効果は確認できていない。

二番目の問題についてはスピーカーフォンを使っていないので特に有り難みは感じられない。三番目はVer1.21だけで発生していた問題らしい。

その他、私が気付いた点をまとめる(Cingular版Treo650だけの現象と思われる)。5月5日公開が噂される正式版Ver1.25ではどうなるのか楽しみである。

  • ネットワークサーチ画面が変わった
    上記のサーチ中に表示される画面(日本の携帯電話で言えば電源On時画面)がここの一番下から一番上に変わった。だからといってCingularのSubsidyロックが外れた訳ではない。
  • Altキーの設定がおかしくなった
    Treo650では特定の文字を入力後にAltキーを押すと下図(上段)のようにAlternativeな記号を選択することができる。で、JaPonをOnにすると下図(下段)のように設定がおかしくなる。アップデート前はこのような現象はなかったためJaPonの問題では無さそう。

HRCapt20050501143301 HRCapt20050501143317 HRCapt20050501143334
HRCapt20050501144633 HRCapt20050501144652 HRCapt20050501144704

  • HRCapt20050502113842Bluetooth経由でのDUNができるようになった
    ついでにDUN接続時のアイコン(右図の右上のBluetoothアイコン)が変わった。そして、Launcherのカテゴリーが初期化されてしまった。


追記(5/4):Blazer使用時に「out of memory」とWarningがでたり、動作が非常に緩慢になってしまう現象がTreoCentralでも報告されている。私の環境でも、「フリーズしたか?」と思わせるほど反応が遅くなることが一度あった。ソフトリセットで元に戻る。

追記(7/6):Altキーでの文字化けについてJaPon作者の関野さんから「これが英語版Palmに日本語環境をかぶせた時の本来の姿」とのお答えを頂きました。本来の姿、、、なんか有り難く見えてくる。

追記(7/8):私のエントリーのあちこちにDATrainTime起動時の安定性について文句を書いていましたが、原因が私の環境にあることが分かりました。作者の今関さんにお詫び申し上げます。皆さん、安心してDATrainTimeをお使い下さい。必携です。

|

« PsMemo 20050429-nightlyビルド | Main | そこにキーがあるから(その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89863/3956475

Listed below are links to weblogs that reference Treo650 GSM ファームウェア アップデート(しました):

« PsMemo 20050429-nightlyビルド | Main | そこにキーがあるから(その2) »